2018年6月21日木曜日

大迫半端ないって

FIFAワールドカップロシア大会日本対コロンビアの
一戦は、大方の予想を覆して2-1で日本が勝利
しました。
その立役者はなんといっても大迫選手ですね。
勝ち越しヘッドもさることながら、ハメスの決定打を
すんでのとこで凌いだあのディフェンスは鳥肌もの
でした。正に標題の通りですね。

さて、昨夜の興奮も冷めやらぬ今日(6月20日に
本記事を書いています)、PC自習室ではワールド
カップのダイジェスト動画などを楽しむ方々が多数
見受けられました。

しかしながら、PC自習室は音出し厳禁ですし、おしゃべりも他の自習利用者の迷惑になる
ためご遠慮いただいています。
みんなでワイワイとサッカー動画などを楽しみたい向きには、情報システム課でノートPCの
貸出を行っていますので活用してみてくださいね。


2018年6月4日月曜日

印刷時間が短縮できたら!



こんにちは~!

授業が始まる前の休み時間に印刷が集中し、何人もの人がプリンター周辺で印刷待ちをしている光景をよく見かけます。
みなさんも「もうすぐ授業が始まっちゃう...」と少し焦りながら印刷物が出てくるのを待った経験はありませんか?
印刷に時間がかかる要因は色々ありますが、今回はその中でも次の2つに焦点を当てて、印刷時間の短縮方法をアドバイスしたいと思います。


①『文書のページ数が多い』場合
A4用紙1枚に複数ページを集約して印刷してみるのはどうですか?
全体が32ページのものを(A4用紙)1枚につき4ページずつ配置して印刷すると、印刷枚数は8枚になります。
モノクロプリンターの場合、1人当たりの年間印刷枚数は1000枚までです。
印刷枚数の節約にもなりますので、適宜活用してみてください。

  ●両面印刷、集約印刷の方法

  ●印刷枚数の確認方法

  ※印刷枚数の上限に達すると自動的に印刷できなくなります。
  ※有料で印刷枚数の追加を申請することが出来ます。



②『PDFファイルのデータ容量が大きい』場合
容量が大きいファイルは、印刷データをプリンターへ送るのに時間がかかる為、なかなか印刷が始まりまりません。
そんな時は、PDFファイルを「画像として印刷」することで、印刷時間が短縮できますよ。

 1)PDFファイルを開く
 2)印刷ボタンを押すと開く画面で「詳細設定」をクリック



 3)「画像として印刷」をチェック




  ※資料の文字が細かい場合は、画像として印刷すると文字がつぶれ、読みにくくなってしまう場合があるため、
   通常通りの設定での印刷をおすすめします。


パソコン教室にはそれぞれ1~2台プリンターが設置されています。
プリンターの利用方法を一読していただきご活用ください。
もし印刷の最中に紙詰まりが起きましたら、情報システム課へご連絡をお願いします。
故障の原因となりますので、くれぐれも無理に用紙を取り出そうとはしないでくださいね。

2018年5月18日金曜日

お忘れなく!OneDriveの利用にはパスワードが必要です!

気持ちの良い新緑の季節、皆さまいかがお過ごしでしょうか。

本日は、大容量ストレージサービス「OneDrive」についてお伝えしたいと思います。

本学では正規学生向けに、「Office 365 ProPlus」の提供を開始しています。6号館5階情報システム課窓口で利用申請いただくことで、Word、Excel、PowerPointなどのソフトに加え、大容量ストレージサービス「OneDrive」も利用可能になります。一人あたりの容量は1TBです。
(申請方法など、詳しくはこちらを参照下さい)

ファイル等をOneDriveに保存すると、ご自宅のPCや学内PC、ご自身のスマートフォンなどからファイルにアクセスすることができます。

とても便利なOneDriveですが、ここでご注意いただきたいのが、アクセスする際には、「Office 365のパスワードが必要になる」ということです。

例えば、ご自宅のPCで作成した文書をOneDriveに保存し、スマートフォンから保存文書にアクセスし編集しよう、学内PCから保存文書にアクセスし印刷しよう…と考えていても、
パスワードがわからないとアクセスすることはできません。
パスワード記載の紙を自宅に置いてきてしまった!せっかく作成したレポートが提出に間に合わない!?と慌てることの無いよう、ご自宅のPC等普段利用されているもの以外からOneDriveへのアクセスをお考えの際は、事前にパスワードを確認しておくことをおすすめします。

ご自宅のPCと学内PC等でファイルをやりとりするには、多くの方が利用されている「USBなどの外部媒体に保存し持ち運ぶ」方法、また「OneDriveに保存する」方法のほかにも、「Googleドライブに保存する」「TKUメールに添付し下書き保存しておく」などの方法もあります。
ご自身が一番やりやすい方法をみつけてみてくださいね。

*なお、上記Officeソフト、OneDrive、Googleドライブ、TKUメールは在籍期間中のみ利用可能です。卒業後(修了後)は利用できなくなりますので、ご利用の方は、卒業前(修了前)に必ずファイル等の退避(バックアップ)を行ってください。

2018年4月25日水曜日

大切なファイルの保存場所

新入生のみなさん、 新しい環境には慣れましたでしょうか。
先輩のみなさん、新しい学年になっていかがお過ごしでしょうか?

授業が始まりあわただしく毎日を過ごしており、気づけばもう4月下旬!GWまであともう少し!だけど課題が・・・なんて方もいらっしゃるのではないでしょうか?

最近は自分のパソコンを持っている方も多いですが、学内にはたくさんの常設PCがあります。パソコン教室はもちろんですが、いろいろな場所学内設置パソコン」利用MAPでパソコンは利用可能ですので、是非活用してください。

さぁ、ここで再確認!
学内のパソコンを使う際にうっかり忘れてしまいがちなこと・・・

デスクトップやマイドキュメント等にデータ保存はしないでください!

学内のPCは電源を入れなおすと初期状態に戻ります。

レポートなど作成したファイルをパソコンの デスクトップ や マイドキュメント に保存すると、電源を再投入した時に 削除 されてしまいます。

大切なファイルは、
・外部媒体(USBメモリやCD-R)
・ホームディレクトリ(Uドライブ)
・Googleドライブ
に保存してください。

※削除されてしまったファイルを復活することは出来ません。

詳しい利用方法はこちら
ホームディレクトリの利用
東京経済大学 TKUメール(Gmail) Googleドライブの利用方法


データはこまめに保存(上書き保存)もお願い致します。
予期せぬトラブル(停電やストールなど)に備えるようにしてください!

楽しいGWを!!!!!


2018年3月29日木曜日

いよいよ入学式

今年の桜は、桜の開花とともに暖かい日が続き、異例の速さで満開になったようですね。
東京経済大学の桜並木も満開を迎えています。








2018年度新入生のみなさま、
ご入学おめでとうございます。










情報システム課では、
みなさんが学内のパソコン使用時にお役に立てるよう、
情報システム課ホームページ(http://www.tku.ac.jp/iss/)に「利用のガイド」を掲載しております。
ぜひ一度、確認してみてください。
また、ヘルプデスクが常駐し、
PC教室でのパソコン機器類の操作、ソフトウェアの基本的な使用方法などについて、
随時質問を受け付けています。

ぜひ、実り多き大学生活をお過ごしください。

2018年2月26日月曜日

インターネット検索をさらに活用!!

インターネットの検索は、ちょっと気になることや、知りたいことの答えがすぐにでて、とても爽快ですね。
日常生活の一部として溶け込んでいて、もはやなくてはならないものになっています。

ところで、日頃ヘルプデスクへの問合せ、相談内容の中でも、
ちょっとインターネット検索すればすぐにベストな回答がでるものが少なくありません。

とくにPCやOfficeの基本機能やちょっとした使用法などついてはメニューバーを探索していろいろ試してみたり、
マニュアルやヘルプ文書を読んで思い悩んだりしてしまい、意外と時間を浪費してしまうことがありますが、

たとえば、
・コピー&ペーストを大量に効率よくやりたい
・パワーポイントにエクセルを貼り付けたい
・Wordの余白や行数を整えたい
・印刷の向きや両面を思う通りにしたい

・・・など、比較的質問内容の”単語”がはっきりしているものはその”単語”をキーワードとして並べて検索するだけで、結構ベストな答えがすぐに見つかります。

もし、ベストな答えがでなかった場合は検索ワードを工夫してみましょう

検索ワードの選択は一種のスキル・センスだと思います。

たとえば、膨大な検索結果がでてしまってとても選択できない場合は、
今の検索ワードにひとつ適切な単語を追加して絞り込むだけで見違えるほどスッキリします。

日頃から検索の腕をみがく心がけをすることは、
今後いろいろな局面で役立ち、ライバルに差をつけるでしょう!!

2018年1月17日水曜日

インフルエンザの季節です

1月に入り、インフルエンザの流行が拡大しているとニュースになっています。
全国で感染者が増加しているそうです。

風邪と間違われやすいインフルエンザですが、風邪とは異なり、急激に高熱、
筋肉痛、関節痛などの症状が出てきます。

【インフルエンザかなと思ったら】

医療機関を受診しましょう。発症後48時間以内に抗ウイルス薬の服用・吸引を
すれば症状が軽減され早く治ることが期待できます。

早めに治療することで自分の体を守るだけれでなく、ほかの人にインフルエンザを
うつさないという意味でも重要です。

インフルエンザは感染している人の咳やくしゃみ、会話の時に空気中に拡散したウイルスが鼻腔や気管など、気道に吸入することで感染します。
感染の多くは「飛沫感染」によるもので、ドアノブなどについたウイルスへの接触により
鼻や口などの粘膜からの「接触感染」も成立します。

【インフルエンザを予防するには】

〇ワクチン接種
〇人ごみを避ける
〇湿度を保つ
〇マスクの着用
〇しっかりうがい、手洗いする

まずは体調を整え、うがい、手洗い、マスクの着用など簡単にできることからしっかりと
インフルエンザ予防を行いましょう。

参考:インフルエンザ(総合ページ) |厚生労働省